水質・底質・土壌分析

私たちは“はかる”技術で環境を守ります

(1)長年浄水場・下水処理施設の維持管理に携わってきた経験とノウハウで分析から処理まで (2)土壌汚染対策法に基づく調査機関として指定を受けています。 大気から大地へと降り注ぎ、河川を経て海域へと流れ、また大気へと帰る水は、生命を育み、私たちの生活や産業に大きな役割を果たします。
健全な水環境、水循環を守るため水質汚濁防止法では公共用水域へ排出される排出水に対して排水基準が定められています。
当社では、長年の施設管理のノウハウを生かし、環境水から排出水、底質に至るまで水処理に関する幅広いご要望にお応え致します。

水質分析

さまざまな用途の水についてサンプリングから分析、問題解決へのコンサルタントに至るまでトータルにサポートいたします。

分析対象

排水
河川、湖沼、海域の環境保全ため、排出水には国や県、市町村において基準が設けられています。またその基準を守り、十分に処理された水を排出するためには、排水処理の各工程での水質を把握することが重要になります。
  • 原水・工程水
  • 放流水・下水放流水
排水処理でお困りの方はこちら[排水処理施設維持管理]

 

環境水
環境基準とは、人の健康などを維持するための最低限度としてではなく、より積極的に維持されることが望ましい目標として設定されています。
  • 河川水
  • 湖沼水
  • 地下水 など
 

その他
上記以外にも、様々な種類の水質分析を承っております
  • 冷却塔水
  • 工業用水
  • プール水
  • 浴槽水 等
 

水質汚濁防止法 一律基準

健康項目

健康項目の印刷はこちら


項目 基準値
1 カドミウム及びその化合物 0.1mg/L
2 シアン化合物 1mg/L
3 有機燐化合物(パラチオン、メチル パラチオン、メチルジメトン及び EPNに限る。) 1mg/L
4 鉛及びその化合物 0.1mg/L
5 六価クロム化合物 0.5mg/L
6 砒素及びその化合物 0.1mg/L
7 水銀及びアルキル水銀その他の水銀化合物 0.005mg/L
8 アルキル水銀化合物 検出されないこと
9 ポリ塩化ビフェニル 0.003mg/L
10 トリクロロエチレン 0.3mg/L
11 テトラクロロエチレン 0.1mg/L
12 ジクロロメタン 0.2mg/L
13 四塩化炭素 0.02mg/L
14 1,2-ジクロロエタン 0.04mg/L
15 1,1-ジクロロエチレン 1mg/L
16 シス-1,2-ジクロロエチレン 0.4mg/L
17 1,1,1-トリクロロエタン 3mg/L
18 1,1,2-トリクロロエタン 0.06mg/L
19 1,3-ジクロロプロペン 0.02mg/L
20 チウラム 0.06mg/L
21 シマジン 0.03mg/L
22 チオベンカルブ 0.2mg/L
23 ベンゼン 0.1mg/L
24 セレン及びその化合物 0.1mg/L
25 ほう素及びその化合物 海域以外 10mg/L
海域 230mg/L
26 ふっ素及びその化合物 海域以外 8mg/L
海域 15mg/L
27 アンモニア、アンモニウム化合物亜硝酸化合物及び硝酸化合物 (*)100mg/L
28 1,4-ジオキサン 0.5mg/L
  • *1 基準値は特定施設の規模、種類によって異なります
  • (*)  アンモニア性窒素に0.4を乗じたもの、亜硝酸性窒素及び硝酸性窒素の合計量。
備考
  • 「検出されないこと。」とは、第2条の規定に基づき環境大臣が定める方法により排出水の汚染状態を検定した場合において、その結果が当該検定方法の定量限界を下回ることをいう。
  • 砒(ひ)素及びその化合物についての排水基準は、水質汚濁防止法施行令及び廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令(昭和49年政令第363号)の施行の際現にゆう出している温泉(温泉法(昭和23年法律第125号)第2条第1項に規定するものをいう。以下同じ。)を利用する旅館業に属する事業場に係る排出水については、当分の間、適用しない。

生活環境項目

生活環境項目の印刷はこちら


項目 基準値
1 水素イオン濃度(ph) 海域以外 5.8-8.6
海域 5.0-9.0
2 生物化学的酸素要求量(BOD) 160mg/L(日間平均 120mg/L)
3 化学的酸素要求量(COD) 160mg/L(日間平均 120mg/L)
4 浮遊物質量(SS) 160mg/L(日間平均 120mg/L)
5 ノルマルヘキサン抽出物質含有量(鉱油類含有量) 5mg/L
6 ノルマルヘキサン抽出物質含有量(植物油脂類類含有量) 30mg/L
7 フェノール類含有量 5mg/L
8 銅含有量 3mg/L
9 亜鉛含有量 2mg/L
10 溶解性鉄含有量 10mg/L
11 溶解性マンガン含有量 10mg/L
12 クロム含有量 2mg/L
13 大腸菌群数 日間平均3000個/cm3
14 窒素含有量 120mg/L(日間平均60mg/L)
15 燐含有量 16mg/L(日間平均8mg/L)
  • *1 基準値は特定施設の規模、種類によって異なります
備考
  • 「日間平均」による許容限度は、1日の排出水の平均的な汚染状態について定めたものである。
  • この表に掲げる排水基準は、1日当たりの平均的な排出水の量が50立方メートル以上である工場又は事業場に係る排出水について適用する。
  • 水素イオン濃度及び溶解性鉄含有量についての排水基準は、硫黄鉱業(硫黄と共存する硫化鉄鉱を掘採する鉱業を含む。)に属する工場又は事業場に係る排出水については適用しない。
  • 水素イオン濃度、銅含有量、亜鉛含有量、溶解性鉄含有量、溶解性マンガン含有量及びクロム含有量についての排水基準は、水質汚濁防止法施行令及び廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令の施行の際現にゆう出している温泉を利用する旅館業に属する事業場に係る排出水については、当分の間、適用しない。
  • 生物化学的酸素要求量についての排水基準は、海域及び湖沼以外の公共用水域に排出される排出水に限って適用し、化学的酸素要求量についての排水基準は、海域及び湖沼に排出される排出水に限って適用する。
  • 窒素含有量についての排水基準は、窒素が湖沼植物プランクトンの著しい増殖をもたらすおそれがある湖沼として環境大臣が定める湖沼、海洋植物プランクトンの著しい増殖をもたらすおそれがある海域(湖沼であって水の塩素イオン含有量が1リットルにつき9,000ミリグラムを超えるものを含む。以下同じ。)として環境大臣が定める海域及びこれらに流入する公共用水域に排出される排出水に限って適用する。
  • 燐(りん)含有量についての排水基準は、燐(りん)が湖沼植物プランクトンの著しい増殖をもたらすおそれがある湖沼として環境大臣が定める湖沼、海洋植物プランクトンの著しい増殖をもたらすおそれがある海域として環境大臣が定める海域及びこれらに流入する公共用水域に排出される排出水に限って適用する。
*「環境大臣が定める湖沼」=昭60環告27(窒素含有量又は燐含有量についての排水基準に係る湖沼)
*「環境大臣が定める海域」=平5環告67(窒素含有量又は燐含有量についての排水基準に係る海域)

その他の水質基準

環境基準
水質汚濁に係る環境基準について[環境省]
冷却水・冷水・温水・補給水の水質基準値
JRA水質基準(冷却水・冷水・温水・補給水)[社団法人 日本冷凍空調工業会 JRA GL-02-1994]
土壌汚染対策法
土対法 基準値

分析機器・分析風景

誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP/MS)
液体クロマトグラフ(LC)
イオンクロマトグラフ(IC)
連続流れ分析装置

事業許認可

全ての一覧

計量証明事業登録(質量)・水道水質検査機関・環境省指定土壌汚染状況調査機関・建築物飲料水水質検査業登録

関連資格取得者※()内の数字は資格取得者人数です

全ての一覧

環境計量士(濃度) (9)・公害防止管理者(水質第1種) (32)・公害防止管理者(水質第2種) (7)・1級化学分析技能士 (11)・2級化学分析技能士 (42)・土壌環境リスク管理者 (1)

このサービスへのお問い合わせ

TEL
0748-32-5001
FAX
0748-32-4192

ご依頼の際は下記の依頼書を印刷してからFAXにてご送付ください

依頼書ダウンロード