放射能検査

ゲルマニウム半導体検出器を導入し 食品・環境・廃棄物の放射性物質を検査いたします

(1)当社は、放射性物質の検査を実施できる食品衛生法の登録検査機関です。

放射性物質を高精度に測定することが可能なゲルマニウム半導体検出器を導入し、平成24年4月1日から適用された食品中の放射性物質の規格基準に対応した検査を実施します。また、環境・廃棄物等については環境省の廃棄物ガイドラインに沿って検査を実施します。

検査内容

測定項目 ヨウ素131、セシウム134、セシウム137
価格 15,000円(税抜)
*数量や条件により変動する場合がありますので 詳しくは担当までお問い合わせください。
納期 3~5営業日
必要量 条件(1):2kg程度(2L容量)
条件(2):100g程度(100mL容量)
検出限界*1 条件(1):1Bq/kg
条件(2):10Bq/kg
検査方法 ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法
  • *1 検体の比重等各検体の特性により検出限界が変わる場合があります。詳しくは担当者までお問合せ下さい。

検査機器・検査風景

検査容器(2Lマリネリ、U8)
ゲルマニウム半導体検出器

基準値

基準値(食品中の放射性物質に関する暫定規制値:厚生労働省)

項目 基準値 検出限界値*2 サンプル量*3 納期
飲料水 10 Bq/kg 1 Bq/kg 2L容量
(2kg程度)
5営業日
牛乳 50 Bq/kg 5 Bq/kg
一般食品 100 Bq/kg 10 Bq/kg
乳児用食品 50 Bq/kg 5 Bq/kg
  • *1 乳及び乳製品の成分規格等に関する省令の一部を改正する省令(平成24年厚生労働省令第31号)、乳及び乳製品の成分規格等に関する省令別表の二の(一)の(1)の規定に基づき厚生労働大臣が定める放射性物質を定める件(平成24年厚生労働省告示第129号)及び食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件(平成24年厚生労働省告示第130号)平成24年4月1日より施行
  • *2 検出限界は各種核(ヨウ素131、セシウム134、セシウム137)における限界値です。その他の分析項目につきましては、ご相談お願いします。
  • *3 サンプル量が少量の場合は、ご相談下さい。

肥料・土壌改良資材・培土及び飼料の暫定許容値

項目 基準値 検出
限界値
*2
サンプル

*3
納期
肥料 400 Bq/kg(製品重量) 10 Bq/kg 2L容量
(2kg程度)
5営業日
土壌改良資材 400 Bq/kg(製品重量) 10 Bq/kg
培土 400 Bq/kg(製品重量) 10 Bq/kg
家畜用敷料 400 Bq/kg(製品重量) 10 Bq/kg
家畜用飼料 100 Bq/kg
(粗飼料は水分含量8割ベース、その他飼料は製品重量)
10 Bq/kg
80 Bq/kg
(製品重量、ただし粗飼料は水分含有量8割ベース)
10 Bq/kg
家きん 160 Bq/kg
(製品重量、ただし粗飼料は水分含有量8割ベース)
10 Bq/kg
100 Bq/kg
(粗飼料は水分含量8割ベース、その他飼料は製品重量)
10 Bq/kg
養殖魚 40 Bq/kg(製品重量) 10 Bq/kg
  • *1 放射性セシウムを含む肥料・土壌改良資材・培土及び飼料の暫定許容値の設定について(平成23年8月1日付け23消安第2444号、23生産第3442号、23林政産第99号、23水推第418号農林水産省消費・安全局長、生産局長、林野庁長官、水産庁長官通知)
  • *2 検出限界は各種核(ヨウ素131、セシウム134、セシウム137)における限界値です。その他の分析項目につきましては、ご相談お願いします。
  • *3 サンプル量が少量の場合は、ご相談下さい。
食品中の放射性物質の新たな基準値[PDF:457KB]
放射性物質検査を実施できる検査機関[PDF:94KB]
環境省 原子力発電所事故による放射性物質対策

事業許認可

全ての一覧

食品衛生法登録検査機関

関連資格取得者※()内の数字は資格取得者人数です

全ての一覧

第2種放射線取扱主任者 (4)・第3種放射線取扱主任者 (1)・石綿作業主任者 (11)

このサービスへのお問い合わせ

TEL
0748-32-5001
FAX
0748-32-4192

ご依頼の際は下記の依頼書を印刷してからFAXにてご送付ください

企業・団体のお客様

依頼書ダウンロード