琵琶湖の外来植物駆除技術開発等が滋賀県補助事業に採択

掲示日: 2017/08/01

この度、日吉が提案した「水草の堆肥化における効率性向上技術の開発」活動計画が、滋賀県の平成29年度
水草等対策技術開発支援事業に採択されました。

近年大量繁茂している、センニンモなどの沈水植物等の水草やオオバナミズキンバイ等の侵略的外来水生植物から
琵琶湖本来の生態、漁業、水環境への影響や、それに伴う生活環境への影響などさまざまな問題があります。
これまで滋賀県が実施してきた、除去活動や、除去した水草の堆肥化による有効活動に加えた、新たな技術の募集があり、日吉を含む4社の提案が採択されました。

琵琶湖保全活動で60年間培ってきた技術ノウハウを生かし、今より美しい琵琶湖環境を次世代に残すための
足掛かりにしたいと思います。

滋賀県の公示記事はこちらから
日吉のプレスリリースはこちらから

ニュースリリース