生物検定法で初の「国際試験所規格」ISO 17025を取得

生物検定法で初の「国際試験所規格」ISO 17025を取得

掲示日: 2012/04/10
関連サービス:

生物検定法で初の「国際試験所規格」ISO 17025を取得
~株式会社日吉が“国際的に通用する試験所”として認定~

 

このほど弊社では、国際規格ISO/IEC17025を取得しました。
ISO/IEC17025は、弊社が、品質システムを運営し、技術的に適格であり、
技術的に妥当な結果を出す能力があると認められたことになります。
さらに当社が発行する試験成績書(媒体;土壌及び底質)に記載されている
分析データの信頼性が認定マークを付することにより保証され、
お客様へより高い品質のサービスを提供できます。
また、本認定機関のPJLAは、ILAC/MRA(ILAC相互認証)に署名しています。
ILAC(国際試験所・校正機関認定協力機構)とは認定試験所・校正機関相互の
グローバルネットワーク化を目的とした組織であり、ILAC/MRAにより
試験・校正結果の海外での信用力が捕強され、貿易の円滑化につながるものです。
これを契機にさらに高品質の分析データの継続的提供とともに、
新たに適用範囲を拡大していきたいと思います。→ISO17025取得内容

 

【取得概要】
取得内容 :ISO /IEC 17025:2005
認定機関 :ペリージョンソン ラボラトリー アクレディテーション(PJLA)
取得年月日:2012年3月19日
認定番号 :L12-34
認定範囲 :生物的.化学的分析試験
ダイオキシン類 ケイラックス®アッセイ ルミノメーターによる測定