経済産業省補助金事業に採択される

経済産業省補助金事業に採択される

掲示日: 2009/03/10
関連サービス:

日吉の参加する「低炭素社会に向けた技術シーズ発掘・社会システム実証モデル事業」が経済産業省に採択されました。

 

近畿経済産業局では、地域社会を支える大学、産業界、自治体等が連携することで低炭素社会の構築に必要な技術の地域ぐるみの実証を行い、他の地域へ普及させるという、新たな社会システム構築のモデルとなる取組の支援を目的として、平成20年度1次補正予算にて以下の公募が行われ、近畿管内22件(全国117件)の中から採択されました。

 

本プロジェクトにおける日吉の役割分担は、生ゴミコンポスト(肥料)・バイオガスの性状を分析すると共にシステム的な整合性の検討を行います。

 

プロジェクトを通じて、バイオますによるエネルギーの回収の効率的なシステムの構築をすることにより、将来の資源循環システムの方向性が確認でき、事業化を検討することを期待しています。

 

テーマ名:家庭生ごみの分別収集による堆肥化およびバイオガス化に関する「甲賀モデル」の実証

 

事業の概要:本提案はコンパクトな社会システムとして、家庭生ごみの堆肥化・バイオガス化による「エネルギー回収型資源循環システム」の構築を目的とする。滋賀県甲賀市での家庭生ごみコンポストによる堆肥化の実績を踏まえ、コンポストからの効率的なバイオガス発酵を技術的に検討し、パイロットプラントで実証試験を行う。さらに、自治体・市民と連携してセミナーを開催し、地域・住民参加の社会システム「甲賀モデル」を実証・普及する。

 

構成団体:㈱日吉、龍谷大学、㈱水口テクノス、日鉄環境エンジニアリング㈱

関連サイト:近畿経済産業局ホームページ