環境DNA分析

水を汲んで送るだけ!調べたい魚の在・不在がわかります。

従来の生物モニタリング手法は、目視観察や捕獲等といった直接的手法が多く、多大な労力や時間、コストが必要でした。

近年、水中に残っている生物の体液や鱗、糞便由来の「環境DNA」を分析することにより、生物の在不在や生物量の推定が可能となってきました。

2018年7月には、環境DNA学会も設立され、新たな生物モニタリング手法として大きく注目されています。

環境DNA分析手法による3つのメリット (1)直接生物を捕獲する労力・コストが削減できる (2)目視で確認できなくても生物の有無が把握できる (3)調査水域ごとの生物量の定量・比較ができる

分析内容

分析可能種 ■アユ
■カワバタモロコ
■オオクチバス
■ブルーギル
※その他魚種については準備中です。(随時追加予定)
価格 30,000円(税抜)/サンプル
オプション ■半定量(DNAコピー数の算出)
+5,000円(税抜)/サンプル
■分析対象種の追加
+10,000円(税抜)/生物種
検査日数 10営業日
必要試料量 水試料 1L

環境DNA分析(種特異的分析)の流れ

環境DNA分析資料(※分析依頼書のダウンロードはこちら)

関連資料

このサービスへのお問い合わせ

TEL
080-8339-8697
FAX
0748-32-4192

ご依頼の際は下記の依頼書を印刷してからFAXにてご送付ください