サービス相談室

土壌汚染対策法に基づく調査の契機となるのはどんな時? 

分析・測定に関するQ&A

法では主に3つの契機を設けています。
1.義務による調査(法第3条調査)
水質汚濁防止法と下水道法に定められた有害物質を取り扱ったことのある特定施設を廃止する時。
2.3,000m2以上の土地の形質変更を行うとき(法第4条調査)
形質変更の届出を行い(届出義務)、都道府県知事が汚染のおそれがあると認めたとき
3.命令による調査(法第5条調査)
土壌汚染によって人の健康被害が生じるおそれがあると都道府県知事が認めたとき

アンケート:ご意見をお聞かせください

この Q&A はお客様のお役に立ちましたか?※該当の答えを選択し【送信】ボタンを押してください。

本Q&Aについてよろしければ一言お寄せください。
また「探している Q&A ではなかった」とご回答の方、簡単にご質問内容を記入頂けますとありがたく存じます。

※入力いただいた内容に返信は行いません。個別にご返答をご希望の方はお問い合わせフォームから必要事項を入力し送信いただきますようお願いいたします。

下記の画像の文字を入力して送信して下さい。

captcha