サービス相談室

シックハウス症候群と原因物質 

分析・測定に関するQ&A

シックハウス症候群とは、家具や建材などから放散される化学物質によって室内の空気汚染が原因で引き起こされる様々な健康障害をいいます。代表的な症状といたしましては、目・鼻・喉の痛み、頭痛、疲労感、倦怠感、肌の不調などがあります。
一般的に原因となる住宅を出ると症状が軽くなるものを言います。
シックハウスから連想される化学物質はホルムアルデヒドを連想しがちですが、他にも建材から放散される揮発性有機化合物が原因となって引き起こされるなど要因は人により様々です。現在、厚生労働省で規制されている化学物質は13物質あります。

シックハウス分析

アンケート:ご意見をお聞かせください

この Q&A はお客様のお役に立ちましたか?※該当の答えを選択し【送信】ボタンを押してください。

本Q&Aについてよろしければ一言お寄せください。
また「探している Q&A ではなかった」とご回答の方、簡単にご質問内容を記入頂けますとありがたく存じます。

※入力いただいた内容に返信は行いません。個別にご返答をご希望の方はお問い合わせフォームから必要事項を入力し送信いただきますようお願いいたします。

下記の画像の文字を入力して送信して下さい。

captcha