サービス相談室

シックハウス測定:アクティブ法とパッシブ法 

分析・測定に関するQ&A

アクティブ法とは、国交省が定めた住宅性能表示制度の中で、室内空気中の化学物質濃度を測定する際の標準法として定められており、とても高い信頼性を持った化学物質の採取方法で、定量の吸引ポンプを用いて強制的に空気を吸引し、空気中の化学物質を捕集剤(サンプラー)に捕集する方法です。

パッシブ法はアクティブ法との高い相関が認められており、アクティブ法の代替法として国交省により認められている測定法です。

シックハウス分析

アンケート:ご意見をお聞かせください

この Q&A はお客様のお役に立ちましたか?※該当の答えを選択し【送信】ボタンを押してください。

本Q&Aについてよろしければ一言お寄せください。
また「探している Q&A ではなかった」とご回答の方、簡単にご質問内容を記入頂けますとありがたく存じます。

※入力いただいた内容に返信は行いません。個別にご返答をご希望の方はお問い合わせフォームから必要事項を入力し送信いただきますようお願いいたします。

下記の画像の文字を入力して送信して下さい。

captcha