サービス相談室

レジオネラ属菌の検査回数はどのようにしたら良いのでしょうか 

分析・測定に関するQ&A

レジオネラ属菌検査は、『レジオネラ症防止指針(第4版)』に記載の「感染危険因子の点数化(スコア化)と対応」を参考にして定期的な検査の頻度を決めます。状況に応じた感染危険度を
1.菌の増殖とエアロゾル化の要因
2.環境・吸入危険度
3.人側の要因についてそれぞれ点数化し、それらの合計点に応じてその状況下での対応が示されています。危険度に幅が認められる場合には通常は危険度の高い方を選択します。冷却水系のスコアは5点~9点となります。各施設による検査の頻度例は本文4-2項参照。

アンケート:ご意見をお聞かせください

この Q&A はお客様のお役に立ちましたか?※該当の答えを選択し【送信】ボタンを押してください。

本Q&Aについてよろしければ一言お寄せください。
また「探している Q&A ではなかった」とご回答の方、簡単にご質問内容を記入頂けますとありがたく存じます。

※入力いただいた内容に返信は行いません。個別にご返答をご希望の方はお問い合わせフォームから必要事項を入力し送信いただきますようお願いいたします。

下記の画像の文字を入力して送信して下さい。

captcha