「国際標準化を目指すバイオ分析法」にて講演

お知らせ 掲示日: 2015/05/26

生物化学的測定研究会第20回学会集会プログラムとして「国際標準化を目指すバイオ分析法」が開催されます。

 国際標準(Global Standard)とは、製品の品質、性能、安全性、寸法、試験方法などに関する国際的な取り決めです。国際市場において円滑に経済取引を行っていくには、相互理解の面とともに、新技術・製品の国際的普及のためにも、技術内容が国際的に理解できる形で共有されていることが重要であることから、国際標準化への取り組みは重要です。
 本学会集会では、日吉を含め5名の講師による講演が行われます。日吉は「レポータージーンアッセイ(ケイラックス法など)の活動紹介」について発表します。

▽日時
2015年6月12日(金) 13:00 ~ 17:00
(日吉の発表は16:05~)

▽場所:東京工業大学田町キャンパス・イノベーションセンター(CIC)2階多目的室
※参加には事前申し込みが必要です。詳しくは資料をご覧ください。
第20回学術集会開催案内

ニュースリリース