枯葉剤・共同プロジェクト

お知らせ 掲示日: 2002/03/03

■背景
2001年7月、アメリカとベトナム政府は枯葉剤/ダイオキシンの健康や環境への影響および、今後の研究の必要性に関する情報を広く評価するために世界中の専門家を集め会議を開催することに同意しました。  

この会議は、今後の研究の方向性の検討と、今後の共同研究プロジェクトの資金調達に役立てられます。

■目的
・枯葉剤の健康及び環境への影響に関する科学的な情報の交換
・枯葉剤の人間及び環境への暴露を減少させるための汚染浄化
 測定技術の現状に関する科学的情報の交換
・現時点の知識及び今後の研究の必要性についての検証

日吉も、この会議に参加し、CALUX Assayの研究発表を行いました。

■発表演題
  1)MAMMALIAN CELL BIOASSAY SYSTEMS FOR THE rapid DETECTION and relative quantitation OF DIOXINS AND RELATED chemicals
(研究者:HIYOSHI・XDS・Dr. Denison)
 
  2)CALUX Assay as Screening Method of Human Specimens for Dioxin Contamination
(研究者:HIYOSHI・XDS・Dr. Kayama)
 
  3)Analysis of Soil Samples from a Hazardous Waste Site: Comparison of CALUX R Bioassay TEQ Determinations with High Resolution GC/MS
(研究者:XDS・ASI・Dr. Denison)

 

ニュースリリース