長浜大学バイオシンポジウム

お知らせ 掲示日: 2009/03/19

長浜地域では、関西バイオクラスタープロジェクト(産業クラスター計画)の拠点地域として産官学連携事業を開始してから4年が経過し、これまでに環境や農業、医療・医薬やものづくりなど、様々な分野において新たな事業が芽吹いてきました。
この背景には、長浜バイオ大学・長浜バイオインキュベーションセンター・長浜サイエンスパークの立地をはじめとして、産・官・学のそれぞれのプレーヤーが密なネットワークを形成しながら活動を実施してきたことが、事業化支援の要因として大きいのではないかと考えられます。今後もこの地域あるいはクラスターのさらなる発展を行うためには、産官学の連携によって事業化活動をいかに支援できるか、どのように活かしていくのかが必要な課題となってきます。
そこで、このシンポジウムでは企業の事業化・企業化の発展を行うために必要な、産官学連携の力や、活かし方など、さまざまな地域で取り組まれているケース・スタディーを交えた形で関西地域および地元企業に対して情報提供を行い、同時に、相互の交流促進を図ることで事業化のきっかけの場を提供することを目的としています。
バイオシンポジウム
弊社より「バイオ技術を用いた産官学連携取り組みについて」講演をダイオキシン分析担当中村昌文が行いました。

日時:2009年3月19日(木)13:30-16:30
場所:長浜バイオ大学 命江館3F 中講義室1

 

 

 

 

ニュースリリース