浴槽水、プール水等検査

施設ご利用者様に安心して入浴、入水いただくため、 公衆浴場、遊泳用プールにおける衛生水準の確保に関する水質検査を行います。

浴槽水検査

公衆浴場における衛生等の向上及び確保の為、水質検査をお勧めします。
滋賀県公衆浴場法施行条例 第3条2項(2)にて、公衆浴場の浴槽水水質は下記のように定められています。
浴槽水の水質は、次の基準(知事が入浴者の衛生上支障がないと認める場合にあっては、アまたはイを除く。)を満たすものであること。
ア 濁度は、5度以下とすること。
イ 過マンガン酸カリウム消費量は、1リットルにつき25ミリグラム以下とすること。
ウ 大腸菌群は、1ミリリットルにつき1個以下とすること。
エ レジオネラ属菌は、検出されないこと。

原水・原湯・上り用水・上り用湯

検査頻度 検査項目 水質基準 項目数
1年間に一回以上 色度 5度以下であること 6項目
濁度 2度以下であること
pH 5.8~8.6であること
過マンガン酸カリウム消費量 10mg/l以下であること
大腸菌群数 50ml中に検出されないこと
レジオネラ属菌 10CFU/100ml未満であること

浴槽水

検査頻度 検査項目 水質基準 項目数
色度5度以下であること
1年間に一回以上 濁度 5度以下であること 4項目
過マンガン酸カリウム消費量 25mg/l以下であること
大腸菌群数 1mlにつき1個以下であること
レジオネラ属菌 10CFU/100ml未満であること
 
連続使用型浴槽(*2)
-塩素消毒の場合-
1年間に2回以上
-塩素消毒以外の場合-
1年間に4回以上
濁度 5度以下であること 4項目
過マンガン酸カリウム消費量 25mg/l以下であること
大腸菌群数 1mlにつき1個以下であること
レジオネラ属菌 10CFU/100ml未満であること
*1循環濾過装置を使用して毎日完全換水している浴槽水
*24時間以上完全換水しないで循環濾過している浴槽水

プール水検査

公遊泳用プールにおける衛生水準の確保について、厚生労働省より指導されています。

遊泳用プールの検査項目と基準値

検査項目 水質基準
水素イオン濃度 5.8以上8.6以下
濁度 2度以下であること
過マンガン酸カリウム消費量 12mg/L以下
大腸菌 検出されないこと
一般細菌 200CFU/mL以下

温泉成分分析

温泉成分の表示が法律で義務づけられています。

平成19年10月20日の温泉法改正により、10年ごとの温泉成分の定期的な検査と、その結果に基づく掲示内容の更新が義務付けられました。

当社は温泉成分分析機関登録(滋生衛第194号)です。
また、水道水分析登録機関、衛生検査登録所として、幅広い業務を活かしてトータルにお客様のニーズにお応えします。

定期的な検査が必要です

平成19年10月20日の温泉法改正により、分析終了年月日から10年以内に温泉成分検査と、その結果に基づく内容の掲示が義務付けられました。

可燃性天然ガスの測定が必要です

平成20年10月1日の温泉法の改正により、可燃性天然ガス(メタン)濃度の確認申請(基準値以下)または温泉の採取許可申請(基準値を超える場合)が必要になりました。

検査機器・検査風景

試料ろ過
前処理濃縮液の培地への添加
前処理濃縮液の培地への拡散

このサービスへのお問い合わせ

TEL
0748-32-5001
FAX
0748-32-4192