JP
CONTACT TOPICS

Environmental DNA Analysis

水を汲んで送るだけ!調べたい魚の在・不在がわかります。

従来の生物モニタリング手法は、目視観察や捕獲等といった直接的手法が多く、多大な労力や時間、コストが必要でした。

近年、水中に残っている生物の体液や鱗、糞便由来の「環境DNA」を分析することにより、生物の在不在や生物量の推定が可能となってきました。

2018年7月には、環境DNA学会も設立され、新たな生物モニタリング手法として大きく注目されています。

POINT 1

直接生物を捕獲する労力・コストが削減できる

POINT 2

目視で確認できなくても生物の有無が把握できる

POINT 3

調査水域ごとの生物量の定量・比較ができる。

分析内容

分析可能種
  • アユ
  • カワバタモロコ
  • オオクチバス
  • ブルーギル

※その他魚種については準備中です。(随時追加予定)

価格 税込¥33,000(税抜¥30,000円)/サンプル
オプション
  • 半定量(DNAコピー数の算出)

+税込¥5,500(税抜¥5,000)/サンプル

  • 分析対象種の追加

+税込¥11,000(税抜¥10,000)/生物種

検査日数 10営業日
必要試料量 水試料 1L

環境DNA分析(種特異的分析)の流れ

環境DNA分析(種特異的分析)の流れ

環境DNA保存液(10%塩化ベンザルコニウム溶液)

POINT 1

直接サンプルに添加するだけ!

POINT 2

常温でも保存可能!

POINT 3

・10日間以上の保存可能!

※特許については、上記「特許について(お願い)」をご確認の上、弊社DNA担当者までお問い合わせください。

◇実験例:短時間(6時間)での添加比較実験

対象種:アユ;Plecoglossus

添加済みサンプルでは、無添加サンプルの約7倍のeDNAが保持されました。

関連資料