JP
CONTACT TOPICS

Powder Type Polymer Flocculants

高分子凝集剤(粉末タイプ)

薬品詳細

名称 高分子凝集剤(粉末タイプ)
英名 Powder type polymer flocculants
性状 顆粒状またはビーズ状
白色~オフホワイト色
比重、pH かさ密度500~700kg/㎥, pH2~4(1.0 wt%)
濃度 ポリマー濃度85%以上
性質 濡れたときは非常に滑りやすい。水に溶かすと粘稠な溶液となる。
水溶液は徐々に加水分解され、凝集性能が低下していく。

商品一覧(荷姿)

  • フレコン
  • 通いコンテナ
  • クラフト袋

 15kg

特徴

POINT 1

フロックサイズが大きく、沈降しやすい。

POINT 2

無機凝集剤に比べ低添加率で効果が出る。

POINT 3

薬品由来のケーキ発生がほとんどない。

POINT 4

粉末状態では約1年間保管可能。

POINT 5

保管に場所を取らない。

POINT 6

処理対象によりアニオン、ノニオン、カチオン、両性凝集剤を選択可能。

POINT 7

安定した処理効果を得るために最適品の選定が必要。

用途例

  • 下水処理
  • 工業排水処理

漏洩時の対応
  • 人体に対する注意事項:作業の際には必ず保護具を着用する。

  • 環境に対する注意事項:排水溝などに流出させない。

  • 除去方法:少量の場合適切な器具を用いて回収し、廃棄する。
         大量の場合、粉塵結合剤で回収し、廃棄する。
         粉の飛散を避け、周囲の発火源を除くこと。

Q&A

Q1 急に薬品の効果が悪くなりました。添加率を上げた方が良いでしょうか?

A1 処理対象物の性状の変化が考えられますので、変化に合わせた薬品の再選定をお勧めいたします。
   日吉では自社グループ内に選定試験室を持っておりますので、汚泥性状の変化に合わせた薬品を選定させて頂きます。
   お気軽にお問い合わせください。

Q2 溶解液を貯留してから使っても大丈夫でしょうか?

A2 高分子凝集剤を溶解すると、時間にともない荷電量が減少していくため、使用の都度溶解頂くことが望ましいと言えます。
   アニオン溶解液の場合10日で20%, カチオン溶解液の場合5日で20~30%荷電量が減少するとの報告もあります。

高分子凝集剤(エマルジョンタイプ)

薬品詳細

名称 高分子凝集剤(エマルジョンタイプ)
英名 Emulsion type polymer flocculants
性状 液体
クリーム色
比重、pH 比重 約 1.0、pH 約 4
濃度 ポリマー濃度50%
性質 漏出/流出すると床が滑りやすくなる。粉末タイプに比べて速やかに溶解する。
鉱油のような臭いがある。

商品一覧(荷姿)

  • コンテナー
  • QBテナー

 20kg

特徴

POINT 1

フロックサイズが大きく、沈降しやすい。

POINT 2

無機凝集剤に比べ低添加率で効果が出る。

POINT 3

薬品由来のケーキ発生がほとんどない。

POINT 4

溶解前の状態では約3か月間保管可能。

POINT 5

処理対象によりリニアタイプ、クロスリンクタイプを選択可能。

POINT 6

安定した処理効果を得るために最適品の選定が必要。

用途例

  • 下水処理
  • 工業排水処理(食品工場、金属工場、鍍金工場)
漏洩時の対応
  • 人体に対する注意事項:作業の際には必ず保護具を着用する。

  • 環境に対する注意事項:排水溝などに流出させない。

  • 除去方法:少量の場合適切な吸着剤に吸着させ、法令に従い吸着剤を廃棄する。
         大量の場合、ポンプで容器に回収する。
         残留物除去の補助には、塩化ナトリウムを使用すること。

Q&A

Q1 急に薬品の効果が悪くなりました。添加率を上げた方が良いでしょうか?

A1 処理対象物の性状の変化が考えられますので、変化に合わせた薬品の再選定をお勧めいたします。
   日吉では自社グループ内に選定試験室を持っておりますので、汚泥性状の変化に合わせた薬品を選定させて頂きます。
   お気軽にお問い合わせください。

Q2 溶解液を貯留してから使っても大丈夫でしょうか?

A2 高分子凝集剤を溶解すると、時間にともない荷電量が減少していくため、使用の都度溶解頂くことが望ましいと言えます。
   アニオン溶解液の場合10日で20%, カチオン溶解液の場合5日で20~30%荷電量が減少するとの報告もあります。